2016年7月21日木曜日

Microsoft から無料の eBook が公開されました


Microsoft Director of Sales Excellence - Eric Ligman 氏のブログ で無料のeBookが一括公開されました。(英語版)

Screenshot : Microsoft Director of Sales Excellence - Eric Ligman


Office365(Office2016)、Windows10、Skype for business のQuick Start Guideはざっと新しいUser Interface を確認するには便利ですし、ユーザー向けのショートカットリストなんかもまとまっていて便利。

サーバOS Windows2016やSharepoint、CRM, なども紹介されているので、興味のある方はアクセスしてみては。

FREE! That’s Right, I’m Giving Away MILLIONS of FREE Microsoft eBooks again! Including: Windows 10, Office 365, Office 2016, Power BI, Azure, Windows 8.1, Office 2013, SharePoint 2016, SharePoint 2013, Dynamics CRM, PowerShell, Exchange Server, System Center, Cloud, SQL Server and more!

https://blogs.msdn.microsoft.com/mssmallbiz/2016/07/10/free-thats-right-im-giving-away-millions-of-free-microsoft-ebooks-again-including-windows-10-office-365-office-2016-power-bi-azure-windows-8-1-office-2013-sharepoint-2016-sha/

2016年7月19日火曜日

リモートアクセス時にネットワークドライブのフォルダーに一部が表示されない

VPNなどのリモートアクセス時に、ネットワークに共有されたNASなどのファイルサーバへのアクセスが一部正常に表示されない事象が発生。

前提条件
これらの共有フォルダに対してアクセス権があり、かつLANネットワーク内では正常にアクセスできることは確認すること。


対策1
コントロールパネルの同期センターの設定を見直すことをお勧めします。
この方法にある、同期センターで同期設定を無効にし、PCを再起動すると解決する場合があります。

How to configure files using Windows Sync Center in Windows 10
http://www.thewindowsclub.com/windows-10-sync-center


対策2
問題のネットワーク共有フォルダを開きます。
Windows Explorerでそのフォルダを開いたときに、すでにOffline Cacheが有効になっていると、
ツールバーのあたりにWork onlineというメニューが表示される場合には、Offline Cacheが有効になっています。この設定がゆうこうになっているにもかかわらず一部のフォルダが表示されないのであれば、そのバーの並びに表示されるはずの、同期/Sync |オフラインファイルを同期するをクリックしてみてください。

How to Work Offline with Network Files and Folders

http://www.digitalcitizen.life/use-network-folders-and-files-while-offline-sync-center-offline-files

2016年4月15日金曜日

OMG, I lost my Microsoft OneNote data!!

Microsoft Noteはとても便利なツール。

打ち合わせ中のメモを取る際に手書きをするよりも手打ちをするほうが早いシーンもあるし、何よりネットで気になった画像でもなんでもスクリーンショットをぺたぺた貼れるし、とにかく何でも一か所にまとめてノートに集めておきたいスクラップブックのようにも使える。

ただ、OneNoteはデータの保存先やデータが少しわかりにくいし、データの保存自体も自動でされるためユーザーが意識せずに保存されるから今までのWordやExcelの感覚でいるとちょっとなれるまで時間がかかる人もいるかもしれない。
Evernoteも便利だが、会社でoffice365のアカウントを支給されているなら、OneNoteを使う人も増えてきているのでは。

さて、今回は「昨日まで使っていたOneNoteが見当たらいない!どうしよう!」とややパニックになったユーザーからの問い合わせがあり無事解決にいたったので、今後のために参考にしたリンクをこちらにまとめます。

今回私が確認したのは以下の点です。
これ以外にもいろいろな方法がこのページの最後のMicrosoft pageに公開されているので参考にしてください。


ファイルの保存先がLocalのMy DocumentsのOneNoteフォルダにある場合
保存先がうっかり違う場所になっている場合には、Windowsの検索窓でそのファイルの名前もしくはキーワードを入力してファイルを探すのがもっともユーザーにとっては簡単。
続いて、バックアップファイルを探しているのもよい方法でしょう。

OneDrive for Businessにある場合
OneDrive for Business にあるファイルはデフォルトで常にオンライン状態であれば問題は起きませんが、外出先等でオフラインで作業をしていると問題が発生します。
オフラインなのでファイルが開けない、ぐらいならまだゆーざーもわかりやすいものの、オンラインからオフラインになって一通り作業して自動保存されているはずと思ったらされていなくて真っ青という時が一番ショックが大きい。

  • One Drive Onlineのフォルダ内検索
  • One Drive Onlineのごみ箱をあさる
  • Taskトレイに常駐しているOneDriveの同期エラーログを確認
  • ローカルにバックアップがが取れている場合は
  • ただしく配置されなかったセクションからデータを救出するWindows7 C:\users\%username%\appdata\local\microsoft\onenote

これでもダメなら、こちらを試してみる。
新規でOneNoteを開き、ただしく配置されなかったセクションが表示される場合はそちらを展開します。


詳しくはこちらを参照してもらうとよいかと。Good Luck!


[MICROSOFT] Find my lost notes
https://support.office.com/en-us/article/Find-my-lost-notes-32cb2bd7-afe7-44d2-a711-398a88421287?ui=en-US&rs=en-US&ad=US


[MICROSOFT]  English - Resolve misplaced sections in OneNote
https://support.office.com/en-us/article/Resolve-misplaced-sections-in-OneNote-32768b56-bc33-42fd-926e-7fccb1af3aa5?omkt=en-001&ui=en-US&rs=en-001&ad=US

[MICROSOFT] Japanese - OneNote の正しく配置されなかったセクションを解決する
https://support.office.com/ja-jp/article/OneNote-%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%8F%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%81%99%E3%82%8B-32768b56-bc33-42fd-926e-7fccb1af3aa5

2016年4月12日火曜日

Internet Explorer 11がCPUを大領消費、100%近くになってPCの動作が遅くなる件

近頃会社で使用しているPCが時々CPU100%で動作がカクカク、フリーズします。
そんな時にはTask Managerのパフォーマンスタブ>リソースモニターでCPUのプロセスを監視します。
企業PCの場合にはバックグラウンドで様々なサービスが稼働していることが多いので、大きな企業ほどITサービスが複雑化しているため個人PCの動作がおそいことと比べると特定が容易ではありません。

SCCMでバックグラウンドインストールが走っている場合はインストールプログラムが(MSIEXEC.exe)などが現れますね。

そのほか常駐サービスが多い場合はこれらの常駐が必要かどうかつぶしていきMSCONFIGでサービスやプログラムの初期起動を停止させるということも一考します。

WEBブラウザがタブ切替できるようになってからうっかり大量のWEBページを開きっぱなしということも。Google Chrome何かもページ数が多かったりすると同様にCPU食いますので、Chromeユーザーはそちらでも以下と同じような設定の見直しが必要なるかもしれません。


さて、今回はInternet Explorer 11です。


<Solution/解決策>

Microsoft - IE 11 excessive memory and CPU usage
http://answers.microsoft.com/en-us/ie/forum/ie11-windows_7/ie-11-excessive-memory-and-cpu-usage/358bdf1e-1572-43f3-8923-7de50af2d5e2

Internet Explorer (Non Add-Ons) で通常通り利用して問題が再発するか確認する。

再発しない : IE11のアドインの問題。 STEP2へ進んでどのアドインが問題なのか、一つずつアドインを有効にして特定する。

再発する : Smooth Scrilling オプション設定を無効にする(以下リンク参照)

Microsoft CPU Usage increases to 100 percent while you scroll through a Web page in Internet Explorer
https://support.microsoft.com/en-us/kb/885355

解決した : おめでとうございます。
解決しない :他のログインユーザーでも発生するか確認する。


上記で解決しない場合

User Profileが壊れている可能性があります。そのユーザーのプロファイルをバックアップ取っておいて、ユーザープロファイルを再作成して確認してください。

これでも解決しない場合はIE自体が壊れている可能性があるので、IE11を再インストールする。
Service PackやWindows Updateも忘れずに!


2016年3月7日月曜日

HP Z440 Workstation -Clean built Windows7 Enterprise

NOTE
If you have HP support contract, I recommend you to ask HP support first how to deal with Windows7 clean  build.

注意
HP サポート契約内であればWindows7のクリーンインストール方法はHPに問い合わせて正式サポートを受けることをお勧めします。

How to build windows7 enterprise 

1. Download "Manageability -Driver Pack" from HP Support .

2. Extract the downloaded file to a USB memory stick.

3. Turn on your computer and strike F10 on HP logo menu then go to Advanced.
   If the HDD size is more than 2TB, the partition style must be GPT, you must enable UEFI boot option in this case.
   The others, you can choose GPT or MBR.

4. Check what status of UEFI boot option and Legacy boot option are.
    For your reference, I proceed the setup process with
    UEFI mode : Disable
    Legacy BIOS-compatibility mode: Enable
   
5. Moving up CD/DVD boot order under the Legacy BIOS/UEFI what you choose in Step4.
    Save and Exit from the BIOS setting.

6.  Insert Windows7 Enterprise install media, the start windows7 setup.

7.  After choosing language and keyboard type, Windows install wizard would detect some drivers are missing. Please insert the USB memory stick what you prepare in STEP2, then choose it as the driver locations. In this process, you might be required to load a storage driver in the USB memory.

8.  Click custom (not upgade) to do the clean build.

9.  Load another storage driver in the USB memory if the windows mentioned a driver is missing.

10. Choose the partition you want to install windows7 or delete everything then recreate new partition. In this process, you can find what partition type you have now. With UEFI enable on BIOS and MBR partition type, warning popup - you are not in recommended windows7 install with this partition type etc.
In that case, you are required to change the partition type, by strike Ctl + F10 key. Then convert the partition type along with this command.

Windows Setup: Installing using the MBR or GPT partition style
English  https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn336946.aspx
日本語 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn336946.aspx

11.  After that, you finally proceed the disk format on step 10 and install windows7 enterprise manually.

For more information about GPT /MBR, please refer to the following knowledge.

WiTp wndows and GPT FAQhttps://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/dn640535(v=vs.85).aspx#gpt_faq_what_is


Good luck!!

2014年4月24日木曜日

Outlookの複数の連絡先情報をvCardフォーマットでエクスポートする方法

日本語記事ではあまりヒットしなかったのでこちらを探してやってみたところOutlook2010,2013ともにうまくいったので紹介します。

Export multiple Contacts as vCards がMSOutlook.infoで紹介されれています。
URL : http://www.msoutlook.info/question/803

OutlookではvCardフォーマットを一つずつ保存することは可能ですが、複数選択の場合はCSVやOutlookフォーマットでしかエクスポートすることができません。

がしかし、こちらのサイトの情報を実行すれば希望通りのことが出来ました。

  1. Outlookの連絡先を開きます
  2. vCardフォーマットでエクスポートしたい連絡先を複数選択します
  3. このアイテムを転送するというアイコンがOutlookリボンにあるのでそこ実行: <<右クリック>転送ではこのメニューは出ないので注意!!
    • Outlook 2007 and previous
      Actions-> Send Full Contact-> In Internet Format (vCard)
    • Outlook 2010 and Outlook 2013
      tab Home-> Forward Contact-> As a Business Card
  4. 新しいメッセージが立ち上がり、その選択されたvCardが添付ファイルとして保存されます。これを選択してコピー、保存したい場所に貼り付けすれば完了!!もちろんCtrl+CとCtl+Vでもできますね。


2014年4月18日金曜日

Excel/Wordファイルを開くときに空のExcel/Wordファイルの同時に開く場合の対処法

日本語の記事が見つけられなかったので、こちらで紹介します。

Microsoft Community : Opening Word/Excel document opens second blank document as well

まま抜粋して和訳しておきますのでお困りの方はこの通りやってみてください。
上記リンク先ではOffice2007の紹介ですが、Office2010でも同様の手順で解決できました。

1.     スタートボタン>コントロールパネル>フォルダーオプション
2.   表示タブ>リストの中から「隠しファイルを表示する」を選択してすべてのフォルダに適用する

3. 次のフォルダにアクセスして該当のファイルを削除(不安があればリネームする。バックアップするか自己責任で!):

Office2010の場合はOffice12をOffice14に置き換えてアクセスします。
C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\STARTUP

(For a 64 bit machine, the location will be C:\Program Files(x86)\Microsoft Office\Office12\STARTUP)

C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\XLSTART
(For a 64 bit machine, the location will be C:\Program Files(x86)\Microsoft Office\Office12\ XLSTART)

C:\Users\username\AppData\Roaming\Microsoft\Word\STARTUP

C:\Users\username\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART

(Note: the username gets replaced with your computer account username)

If the issue gets resolved, follow Step 1 then for Step 2 select Don’t show hidden files and folders, or drives.

2014年1月27日月曜日

Windows7 再インストールにパーティション作成できなかったといわれる

HP Z420 WorkstaionにWindows7 Enterprise 64bit版セットアップ方法は下記のHP公式サイトで公開されています。ここではSATA HDDの場合をメモしておきます。SASの場合は同サイトからSAS版マニュアルがあるのでそちらをご確認ください。


参考URL:
HP  Microsoft Windows 7 をマニュアル インストールする方法 (SATA HDD) QA 番号 :
WSQA000397

概要:
Windows7のマニュアルイントール時には、USBメモリ等でIntel Rapidドライバーなどを読み込みながら進める必要があります。

同手順の 17番目

『再度「Windows のインストール場所を選択してください。」画面が表示されるので、Windows 7 をインストールする場所を選択します。 インストールを行うドライブをクリックして選び、[次へ(N)] ボタンをクリックします』

の画面で、インストール先のHDDをフォーマット後に選択すると次のようなメッセージが表示される場合があります。

================================
新しいシステムパーティションを作成できなかったか、既存のシステムパーティションは見つかりませんでした。
================================
Digital 9 Equipment さんのページが参考になりました。
http://digital-9.blogspot.jp/2013/03/blog-post.html

私の場合は、Rapid Driverの読み込みに使用したUSBメモリを抜いてから、次へ進むとうまく行きました。


また以下のメッセージが表示される場合にはapid Driverの読み込みに失敗しているか、読み込んだファイルの種類が間違っています。

================================
このディスクにWindowsをインストールすることは出来ません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムではGPTディスクのみにWindowsをインストール出来ます。
================================

HPのマニュアル(QA 番号 : WSQA000397)通り、STEP8でRSTe_f6_iaStorA_64を、STEP15でRSTe_f6_iaStorS_64を読み込みすればうまく行きました。


場合によってはDiskpartコマンドで変換がEFIからGPTへの変換が必要になります。

2013年12月13日金曜日

ROBOCOPY Security情報の更新方法/How to update security info with robocopy?

<テスト環境>
移行元:Windows Server2008
移行先 : Windows2003

<今回やりたいこと>
データのスナップショットを取るために2008のバックアップとして古い2003 serverへrobocopyでバックアップを取っておきたい。
フォルダーやデータはすでにPurge済だが、セキュリティ情報の更新を忘れた。セキュリティ情報の更新をやりたい。

<やってみたけどだめだったこと>
Administartor権限で実行
移行先フォルダのフォルダ権限を「親から継承」を外す
共有アクセス権をEveryoneをFULLにする
次のオプションを使う
robocopy "移行元" "移行先" /E /COPYALL /DCOPY:T /SECFIX /TIMFIX /PURGE /R:0

よくよく調べたら /E +/Purge を/Mir に変更したらうまくいった。
robocopy "移行元" "移行先"  /COPYALL /DCOPY:T /SECFIX /TIMFIX /MIR /R:0

詳細はこちら。
Microsoft Server - Robocopy options
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc733145(v=ws.10).aspx

以下同サイトより抜粋
解説
  • /mirオプションと、/e および /purgeオプションでは、1 つの小さな違いを除き同じ動作をします。
    • コピー先ディレクトリが存在する場合、/e および /purgeのオプションでは、コピー先ディレクトリのセキュリティ設定は上書きされません。
    • コピー先のディレクトリが存在する場合は、 /mirオプションでは、移動先ディレクトリのセキュリティ設定が上書きされます。
/mirディレクトリ ツリーをミラー化します。(/e /purge を組み合わせたものに相当します )
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Do you have a problem copying only security info between source folders and destination folders?

Here is the one of the answer which is worth to try.
- Run robocoy bat file as adminstrator
- Add full access for everyone on SHARE permission, Not SECURITY permission
-Tick OFF "include inheritable permissions from the object's perent" on Folder properties | Advance

If it does not solve yet, please check your robocopy script.

With this options, security info does not updated after having purged all folders.
robocopy "source" "destination" /E /COPYALL /DCOPY:T /SECFIX /TIMFIX /PURGE /R:0

After replaceing /E with /Purge option to /Mir option, all security info was updated successfuly.
robocopy "source" "destination" /COPYALL /DCOPY:T /SECFIX /TIMFIX /MIR /R:0

According to Microsoft Server - Robocopy options, you need to use /MIR option instead of /E + / Purge to sync security info.
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc733145(v=ws.10).aspx

Here are the copy from MS official site:
With the /e plus /purge options, if the destination directory exists, the destination directory security settings are not overwritten.
With the /mir option, if the destination directory exists, the destination directory security settings are overwritten.

2012年5月6日日曜日

Google Blogger - Error code bX-74br4


For English Speaker!
If you see the error -  bX-74br4 when you do any actions on google blogger, such as NEW an article, EDIT existing an article, and check other functions, you may need to install and use Google Chrome instead of IE8, 9. In my memory, Google services no longer support for Windows browsers. Please just try Chrome! After install it, those related problems seems to be fixed at the moment.

Good Luck!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Google Bloggerの管理画面で新規投稿や下書き、統計などを表示しようとすると次のエラーが表示されるようになりました。



IE9でのみ発生するのでIE8にしてはどうかという投稿を書いていらっしゃる方もいますが、当方IE8(8.0.7601)でも発生。

Google検索で英語検索しても同様のエラーコードに悲鳴を上げている方もいるようで。

で、まだ試していませんが、考えられるのはことはひとつ。
GoogleはChromeというブラウザを出しています。
数ヶ月前GoogleのダッシュボードをIE8で開こうとしたら
「このブラウザはサポートされません、Chromeを試しますか?」的なメッセージが表示された事を思い出しました。
IEではサポートしないよ~っていうスタンスを感じますねぇ・・・。


そういうわけで、とりあえずあとでChrome試して結果レポートします・・・。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Google Chrome version 18.0.1025.168での正常動作を確認しました。 2012/05/06
IEで上記のエラーにつまずく方はChromeでの利用をお勧めしますね・・・。